女性ホルモンバランスの乱れで顔汗が酷くなる!整える方法とは【顔汗を止める5ステップ】

今回は、「顔汗を止める5ステップ」の第三弾。

第一弾では、「即効性のある顔汗対策方法」についてご紹介し、第二弾では「汗腺おやすみタイプ」の女性向けの対策方法についてお伝えしました。

このシリーズでは、第一弾から順番に取り組むことで顔汗を落ち着かせる方法をご紹介しているので、前回の記事を読み忘れている場合は、まずはそちらを先に読んでみてくださいね。

運動不足・長時間のエアコンは顔汗の天敵!正しい方法で体質改善【顔汗を止める5ステップ】

2016.05.13

顔汗専用の制汗剤クリームを使って本気対策をはじめよう【顔汗を止める5ステップ】

2016.05.12

では今回は、「バランス乱れタイプ」の女性向けの対策方法をご紹介していきます。

顔汗が酷くなってしまう原因の一つとして考えられているのが「女性ホルモンバランスが乱れてしまう」ということです。

女性ホルモンのバランスが乱れると、顔汗が酷くなるばかりではなく、頭痛・腰痛・イライラ・集中力の欠如など、様々な悪影響が出てきます。また、バランスが乱れてしまう原因も様々あるため、改善が難しい方法ともいえます。

では具体的に、女性ホルモンバランスの働きやその改善方法について今回はお伝えしていきますね。

女性ホルモンバランスが乱れると様々な悪影響が!生理不順・不正出血・PNS・自律神経失調症etc.

女性ホルモンには、卵胞ホルモンの「エストロゲン」と、黄体ホルモンの「プロゲステロン」の2種類がバランスよく分泌されています。

しかし、日々のストレスや加齢・不規則な生活習慣によって、バランスが乱れてしまうことがあります。

女性ホルモンバランスが乱れてしまうと、次のような症状が現れてしまいます。

【女性ホルモンの乱れによる悪影響】

  • 生理不順
  • 生理痛
  • 不正出血
  • PMS(月経前症候群)
  • 自律神経失調症
  • 不妊
  • 更年期障害
  • 肌荒れ・ニキビ

最もイメージしやすいのが、40代後半になり閉経を迎える女性の更年期障害ではないでしょうか。

更年期障害は、女性ホルモンが急激に減少してしまうため、そのバランスが乱れ、様々な症状が出てしまうことが有名です。

顔汗もその一つ。ホットフラッシュと呼ばれ、ほてりや汗が突然でるようになるため、悩んでいる女性も多いです。更年期障害といわれる状態も、女性ホルモンバランスが乱れてしまうことで起こってしまうのです。

また、女性ホルモンバランスが乱れてしまうと、肌荒れ・ニキビといった症状が出ることも珍しくありません。これは、10代20代といった若い世代でも症状として出ることが珍しくないので、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

このように、女性ホルモンバランスが乱れるということは、顔汗をはじめ、体に様々な悪影響を及ぼす大きな原因となります。

健康的な体・顔汗のない生活を送るためには、毎日ホルモンバランスが乱れないように生活を送ることが必要となります。

特に「緊張もしていないのに顔汗が出る」「熱くもないのに顔汗が出る」という女性は、ホルモンバランスの乱れが原因で顔汗が酷くなっている恐れがあるので注意しておきましょう。

女性ホルモンバランスが乱れる・崩れる原因とは

顔汗で化粧崩れで悩む女性

女性ホルモンバランスが乱れたり崩れたりするのには、普段の生活習慣が大きく関わっています。

特に大事な生活習慣は次の通りです。

【女性ホルモンバランスが乱れる主な原因】

  • ストレス
  • 不規則な生活習慣(偏食・運動不足(冷え)・睡眠不足)
  • 過度なダイエット

食生活の乱れは要注意!コンビニ弁当・スナック菓子・ジュースなどの偏食はダメ

便利だからといって、コンビニ弁当やスナック菓子、ジュースばかりを食べるのは良くありません。食事の栄養バランスが乱れると、ホルモンバランスが崩れることにつながる恐れがあるのです。

できるだけ野菜や魚、肉をバランスよく食べるようにすることが大切です。脂分の多い食事をしたり、無理な食事制限によるダイエットなど、偏った食事はやめておきましょう。

運動不足が続くとバランスが乱れる原因に

運動不足が続くのも、バランスが乱れてしまう原因になるので注意しましょう。特に女性の場合、運動不足によって冷えを招いてしまい、それもバランスを乱す原因となります。

運動することは、顔以外の休んでしまっている汗腺を目覚めさせる効果も期待できるため、顔汗対策としてしっかりと取り入れておきましょう。

また、ダイエットをする場合も、食事制限だけでなく運動をバランスよく混ぜることによって、スタイルの良い体形になることができます。過度な食事制限で体調がおかしい場合などは、食事を見直すと同時に、ウォーキングなどの有酸素運動や筋トレなどの無酸素運動を取り入れておきましょう。

睡眠不足は体への負担がとても大きい!バランスを整えるためにはしっかり寝よう

睡眠不足は、思っている以上に体への負担がとても大きいです。人間は、数日間食べなくても生きていけますが、数日間寝ないと死んでしまうともいわれています。

仕事や育児などが忙しくて睡眠不足気味になる女性も少なくありません。しかし、バランスを整えるためには、できるだけ決まった時間にしっかりと寝ることが大切です。

特に、夜の22時から2時までの4時間は、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、バランスが整えられる貴重な時間となっています。そのため、できるだけゴールデンタイムに寝られるよう、生活リズムを見直しておきましょう。

女性ホルモンバランスを整える方法

では具体的に、女性ホルモンバランスを整えるためにしておきたいことをいくつかご紹介しておきます。バランスが整えば、顔汗が徐々に落ち着いてくるという女性も珍しくありません。

上でお伝えしたような不摂生な生活習慣になってしまっている場合、十分気を付けておきましょう。

【ホルモンバランスを整えるためにしておきたい事】

  • ストレス解消・リラックス
  • イソフラボンを摂取する(サプリ)
  • 女性ホルモンを整えるツボを刺激する
  • 女性ホルモンを整える漢方薬・薬

ストレス解消・リラックスをしてホルモンバランスを整える

ストレス解消をしてバランスを整える

過度なストレスによってバランスが乱れてしまうことは珍しくありません。ストレス社会と呼ばれるほど、現代はストレスを受けやすい時代なので、自分なりのストレス解消方法を持っておくと良いですね。

ストレスを解消するために良いといわれているのが次のような方法です。

      入浴
      運動
      趣味に没頭する

どのようにストレスを解消するかは人によって意見が分かれますが、これらの方法は特に人気の方法です。

入浴や運動を行うと、全身の血行がよくなるため、体全体がリラックスすることができます。体の疲れが落ち着くと、ストレスも徐々に和らいでくるので、休日にゆっくりと半身浴をしたり、運動をするのは良いですね。

また、趣味に没頭して現実のストレスを忘れるというのも人気の方法。絵をかいたり、本や映画を見たりと、人によっていろいろな方法があるかと思います。

趣味に没頭することで嫌なことを忘れれば、ストレスも徐々に解消していけるのでお勧めです。

最もダメなこととしては、いつまでもストレスの原因になることを考え続けることです。ストレスを浴び続けるとどれだけ元気な人でもバランスを崩しやすくなります。すると、顔汗もひどくなってしまうので注意しましょう。

イソフラボン配合の食事を積極的に摂取!サプリメントを利用するのもOK

イソフラボンを配合した豆乳

豆乳や納豆などに配合されているイソフラボンには、女性ホルモンと似た作用をしてくれる働きがあります。

ホルモンバランスが乱れてしまう、分泌量が減っているときなどは、こういったイソフラボンを配合した食材を摂ることも効果的です。

最近では、イソフラボンを配合したサプリメントも注目を集めているので、仕事などで忙しくて料理できない場合、補助的に補うのもOK。

女性ホルモンを整えるツボを刺激する

ツボを刺激するというのは、東洋医学の基本的な考え方です。ツボを刺激することで、女性ホルモンの分泌を促すというのもバランスを整えるために期待できる方法です。

三陰交(さんいんこう)のツボを刺激

女性ホルモンの分泌を促すとして最も有名なツボが、足首にある「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれる部位。

ストレスを解消したり、生理に関するトラブルもこのツボを押すと良いといわれています。

中院(ちゅういん)のツボを刺激

もう一つお勧めなのが、「中院(ちゅうかん))と呼ばれるおなかにあるツボです。

このツボを刺激することで女性ホルモンの分泌を促すと考えられています。

このように、ホルモンバランスを整えるためにツボを刺激するというのも一つの方法として覚えておくとよいですね。

女性ホルモンを整える漢方薬・薬を利用する

漢方を使ってバランスを整える

女性ホルモンを整える方法として、漢方薬・薬を利用するというのも方法としてあります。

ホルモンを整える生薬として有名なのが、、「当帰 (トウキ)」「地黄(ジオウ)」「芍薬 (シャクヤク)」「川旧(センキュウ)」の4種類。漢方を使ってバランスを整える場合、これらの生薬を配合したものを選ぶと良いですね。

また産婦人科を受診することで薬を処方してもらうことも可能です。最近では安易にこういった薬を利用する方も増えていますが、薬なので体への影響はとても大きいと考えておくべきです。

そのため、薬を利用する場合は、必ず産婦人科などの専門医を受診して医師の診察の上で服用するようにしましょう。

女性ホルモンと顔汗は密接に関係しているので意識しておきましょう

今回お伝えしたように、女性ホルモンバランスと顔汗はとても密接に関係しています。

もちろん顔汗のタイプによるのですが、もし「日ごろから運動もしっかりとしている」「特に精神的に緊張しているわけでもない」のに顔汗が酷い場合は、ホルモンバランスが乱れている恐れがあることを理解しておきましょう。

ホルモンバランスを整えるためには、薬を使う以外はどうしても時間がかかってしまいます。そのため、根気強く続けていくことが大切です。

 

顔汗専用の制汗剤クリームを使いつつ、今回お伝えした方法で中長期的に体質改善を行っていきましょう。

【顔汗女子の救世主】顔専用の制汗クリームを1か月使った感想

顔汗用の制汗剤クリームを実際に1か月使ってみた感想をまとめました。

顔汗が酷くて仕事の大失敗を経験した私。首周りを冷やしても、ツボを刺激しても全く実感できなかった私が唯一満足できた顔汗専用クリーム。

顔汗は放置していてある日突然良くなることはありません。何もしないよりもまずはできるケアを始めることが大切!

顔汗クリームを使い始めてから「顔汗のことを気にしなくてよい!」という精神的な解放感に包まれています。

顔汗を何とかしたい!と本気で思う女性以外は見ないで下さね。