鼻の下の汗を抑える方法【顔汗用クリームでメイク時間が短縮!対策方法公開!】

顔汗の悩みの一つが、鼻の下にかく汗。特に夏場は酷いもので、メイクしているときに鼻の下に汗をかいて、ファンでがよれる…なんて経験をしている女性も多いはず。

私も、夏場は少し動いただけで鼻の下に汗がたまってしまい、そこだけメイクが崩れることもよくありました。

そんな厄介な鼻の下の汗ですが、あることをすることで落ち着いたので、今回はその方法についてまとめました。

鼻の下の汗は首を冷やしたり半側発汗だけでは効果なし!

私はこれまでに、鼻の下の汗を止めるために、様々なことをしてきました。

ツボを刺激したり、メイクをしながら首元を冷やしたり…
インターネットで解決方法を調べると、こういう解決方法が良く書かれているので真似していたのですが、正直効果なし…。

舞妓さんも実践している半側発汗と呼ばれる、胸あたりを強く締め付ける方法も、辛いだけでほとんど効果がありませんでした。

参考:私が失敗した顔汗対策はこちらでまとめています

そんな私ですが、唯一即効性を感じられた方法があります。それが…

顔汗専用の制汗剤クリームを使うというとってもシンプルなこと。

私が使っている顔汗専用の制汗剤クリームがこちら。

サラフェを使った感想

このクリームの名前は「サラフェ」というのですが、国内では珍しい顔汗専用の制汗剤クリームとして今話題になっているのをご存知ですか?

怪しい商品ではなく、厚生労働省から効果が認められている有効成分をしっかりと配合しているので、その効果を実感される方がとても多いんです。

実際に私も、サラフェを使い始めてから一週間ほどで鼻の下の汗が驚くほど落ち着いたので、今でも愛用しています。

もちろん、顔用に開発されているので、余計な添加物も配合していない無添加処方で、肌荒れの心配もありません。

ただ、そうはいっても、超敏感肌の方や乾燥肌の方の場合、クリームによっては肌荒れの心配をしてしまう方もいますよね。

サラフェは、万が一肌トラブルになってしまった場合、全額返金保証を受けることができます。実際に使ってみて60日以内なら、購入代金を全額返金してもらえるので、とりあえず試してみる!ということが簡単にできるんですね。

私は以前、顔汗を止めるために脇用のデオドランドを使って肌荒れを起こしてしまった経験があります(汗)

そのため、サラフェを使う時もかなり抵抗があったのですが、「もし何かあったら返金してもらえる!」という思いと、「返金保証を用意するほどメーカーは自身があるんだ!」と思ったので注文してみたんです。すると、肌荒れは問題ありませんでしたし、しっかりと実感できるようになりました。

サラフェは、メイク前の肌に塗るだけなので使いやすさも文句なし。めんどくさい時は化粧下地として使っているので、忙しい女性にもピッタリです。

サラフェを返金保証付きで注文できるのは、下記の公式通販サイトだけです。
まずは、下記の公式通販サイトからサラフェの詳細をチェックしてみてくださいね。

私が実際にサラフェを1か月使った時の感想を次のページで詳しくまとめています。
本当に効果があるの?成分は大丈夫?など、気になることをまとめているのでぜひ、参考にしてみてください。

参考:サラフェを1か月使ってみた感想をまとめてみた

体質を改善して鼻の下の汗を対策することも同時に大切

バランスを整える方法

顔汗専用の制汗剤クリーム「サラフェ」を使うことで、鼻の下の汗はかなり落ち着くかと思います。

私だけでなく、実際に使っている91%もの方が満足しているので、ほとんどの方はリピートされています。

ただ、サラフェで汗を止めるだけでは、ずっとサラフェを使わないといけない…ということになります。汗が止まるのはうれしいけど、ずっと使い続けるのは抵抗がありますよね。

そのため、即効性のある方法としてサラフェを使いつつ、汗をかきにくい体質に徐々に本質的に変えていくことも必要です。

鼻の下など、顔汗をかいてしまう原因としては、主に3つあります。

  1. 女性ホルモンバランスが乱れている
  2. 緊張・ストレスによって汗をかいている
  3. 運動不足などで鼻の下以外の汗腺の活動が弱まっている

このように、鼻の下に汗をかきやすいといっても、実はその原因は人によって様々。

鼻の下に汗をかきにくくするためには、自分の汗のタイプを理解して、しっかりとケアしていくことが重要です。

体質を改善して、汗をかきにくい体にしていくための方法については、次のページで詳しくお伝えしています。汗を止めるための方法を、5つのステップに分けてそれぞれお伝えしているので参考にしてみてください。

参考:顔汗を止めるための5ステップ

体質を変えるには時間がかかるので根気が必要
体質を根本的に変えるためには、どうしても時間が必要になります。
数か月から半年以上継続して取り組む必要があるので、その点はしっかりと意識しておきましょう。

当サイトでは、すぐに鼻の下の汗を抑えたい!という女性向けに「サラフェ」をおススメしています。
サラフェを使いつつ、体質改善を行うことで、しっかりと汗対策ができるのでお勧めですよ。

あまりにも鼻の下の汗が多い場合「多汗症の治療」が必要なことも

患者に説明をする医師

あまりにも鼻の下の汗が多い場合、多汗症の可能性もあります。

多汗症とは、本来必要な汗以上に汗を分泌してしまう症状のことをいいます。脇汗や手汗、足の裏の汗が大量に出ることで有名ですが、人によっては顔汗として症状に出る方もおられます。

多汗症の方の場合、専門医で治療を受けることができます。

具体的な治療内容は病院によって異なりますが、次のようなものが一般的です。

  • 精神療法(カウンセリング)
  • 薬の処方
  • ボトックス注射

1、鼻の下の多汗症治療:精神療法

人と話したり、緊張すると鼻の下に大量に汗が出てしまう場合、精神療法による治療があります。

カウンセラーによるカウンセリングによって、精神的な不安、不安の元となるものを解消していきます。

2、鼻の下の多汗症治療:薬の処方

汗治療の薬としては、「塩化アルミニウム」が有名ですね。脇汗用「デトランスα」なども、塩化アルミニウムを配合したデオドランド商品です。

塩化アルミニウムは、汗を抑える効果が高いものの、痒みや肌荒れなどを起こしてしまうデメリットもあります。

3、鼻の下の多汗症治療:ボトックス注射

ボトックス注射は、汗が気になる部位に注射をする治療方法で、最近では利用される方も増えてきています。今では入院をせずにすぐに治療してもらえるところもおおく、効果を感じやすいのが特徴です。

ただし、1回注射をすれば解決するものではなく、定期的に繰り返して注射を続ける必要があります。

このように、多汗症の場合、専門医で適切な治療を受けるという方法もあります。

ボタボタと驚くほど汗をかいてしまっている場合や、どうしようもない場合、専門医を受診してみるのも一つの方法です。

鼻の下の汗が落ち着くとメイク時間の短縮&精神的にかなり楽になる

鼻の下の汗が落ち着くと、メイク時間が圧倒的に短くなります。

私の場合ですが、以前まではメイク途中でファンデが浮いたらまたやり直して…というのを繰り返していました。

面倒な時は、クーラーの真下でメイクすることもありました(汗)それをすると、次は乾燥が気になり始めて、終わることのない負のスパイラルです…。

サラフェを使い始めてから鼻の下の汗を気にしなくなったので、メイク時間が圧倒的に短縮。

そして何より、人と話していても汗の心配をする回数が減ったので、メイク崩れもそこまで気にしなくなるようになりました。

私は営業職なので、目の前のお客さんと真剣にお話しできるようになり、精神的にもとっても楽になりました。

鼻の下の汗って特に夏場はひどいと感じる女性も多いので、できることからしっかりとケアしておきたいですね。

【顔汗女子の救世主】顔専用の制汗クリームを1か月使った感想

顔汗用の制汗剤クリームを実際に1か月使ってみた感想をまとめました。

顔汗が酷くて仕事の大失敗を経験した私。首周りを冷やしても、ツボを刺激しても全く実感できなかった私が唯一満足できた顔汗専用クリーム。

顔汗は放置していてある日突然良くなることはありません。何もしないよりもまずはできるケアを始めることが大切!

顔汗クリームを使い始めてから「顔汗のことを気にしなくてよい!」という精神的な解放感に包まれています。

顔汗を何とかしたい!と本気で思う女性以外は見ないで下さね。