顔汗を抑えるために「塩化アルミニウム」は効果がある?【使う前に知っておきたい副作用と取扱注意点】

塩化アルミニウム液は、汗が出る穴を変性させることによって汗が抑えられていきます。ずいぶん昔から使われている制汗剤で、殺菌効果もありますが人によってはかぶれることもあるので、皮膚科で処方してもらう方が安全です。

つけている時だけに効果がありますが、長い間つけることによって汗の穴を変形させ汗を防ぐだけではなく、塩化アルミニウムは塩分と反応すると結晶化するので、汗を作る汗腺から噴き出す汗に蓋をしてくれる作用があります。

汗そのものを抑える作用がわかってきました。それには長い間の使用が必要です。

顔汗を抑えるために塩化アルミニウムを使うのは要注意

顔に使うときは、注意が必要です。もちろん薄めて使いますが、濃度が濃ければ効果があり、濃度が薄いと効果があまり見られないといったことになります。

濃度が濃いと副作用があり、かゆみ、かぶれ、汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん、ブツブツがある小さい水泡)などが起こります。

顔は、体の中でも特にデリケートな部位になるため、塩化アルミニウムによる副作用が発症しやすため、注意しないといけないのです。

顔に塩化アルミニウムを塗る場合の濃度

手に塗る場合は20%前後で大丈夫ですが、顔に塗る場合は10%以下が目安とされています。最初に顔に塗る場合は、まず精製水で薄めにしてから目立たないところに少し塗って試してください。

病院などで処方する濃度は20%が多く、敏感肌などのトラブルを防ぐためにも、顔に塗るのに安全かどうか聞いてみる事が大切です。

あまりにも濃度が濃いと、次のような肌トラブルになるので要注意!です。

塩化アルミニウムが合わない場合の主な状態

塩化アルミニウム液は、汗管細胞に作用して汗を止める効果があります。塗ればすぐ効きますが、効果は一時的で継続的な効果を期待するには、ずっと続けて使用しなければなりません。

この溶液は強い刺激がある化学物質なので、敏感肌の人や乾燥肌の人は、肌がただれてしまったり、痒くなったりしてしまいす。その他、赤みが出てピリピリしたり、ムズムズしたり、肌の灼熱感や違和感が出て、大きなトラブルになってしまう場合もあります。

軽い場合はだんだん皮膚が慣れていきますが、どんどんかゆみが強くなったり、ひどくかぶれてきたりしたら、一週間近く使うのを中止します。

皮膚の丈夫な人はそのような副作用は見られませんが、毎日継続して使う事は避けた方が賢明です。

顔に塩化アルミニウムを比較的安全に使うためにすべきこと

  • 水で薄める

塩化アルミニウムを顔に使う場合は、10%程度を精製水で薄めて使います。初めて使う場合は目立たない場所で試してみた方が賢明です。かぶれる人もいるので10%よりもっと薄めて、効果がなかったら少し塩化アルミニウムを足すようにして試してみてください。 

  • 直接には塗らない

汗がダラダラ出る位置に、塩アルミニウムを浸したコットンでやさしくトントンと叩き込んでつけます。30分くらいには浸透して塗った部分が乾いてくるので洗い流します。

一日中つけている必要はなく、洗い流しても効果は続きます。

一日中つけっぱなしではなく、数時間程度(通勤中だけつけて、会社に着いたら洗い流す)を心がけてください。汗を抑える効果は続くので、付けっぱなしはしないでください。

塩化アルミニウムは昔から制汗剤として使われてはいましたが、あくまでも薬品です。

汗が出るのを抑えることは、汗の出る汗腺に炎症を起こして出口をふさぐので、あまり長い間使うことは避けた方が良いかもしれません。毒性や強い副作用は出ていませんが、使い方に注意した方が安全です。

塩化アルミニウム液を配合するデオドラント製品

塩化アルミニウム液を配合する製品としては、国内で販売されているもの、海外産のものなどいくつかあります。

塩化アルミニウム液を配合する主な商品をいくつかご紹介していきます。

オドレミン

オドレミン 日邦薬品工業から出ている塩化アルミニウム液です。わきが、皮膚汗臭に効果があります。ビンに入ったローションタイプです。

成分:塩化アルミニウム13%・グリセリン・水。価格25ml ¥1,800(税込)

使用方法:入浴後の清潔な肌にビンを良く振って、脇の下など汗が出やすい部分に、指先で湿布します。衣服の材質・染料のよっては脱色や変色する場合があります。塗ったときは良く乾かしてから、着てください。

注意条項として、顔には使用しないでください。顔や粘膜への使用は、かぶれやすく、肌荒れを起こすことがありますので、使用は避けることです。

パースピレックス(デトランスα)

パースピレックスは、多汗症・わきがに有効です。

成分は、塩化アルミニウム(10.27%と25%)・濃度が高めなので乳酸アルミニウムを配合し、肌への刺激を抑えるために入っています。アルコールも入っているので、過敏症の方は注意してください。

使用方法:汗を抑えたい部分に塗り、効果には持続性があります。

海外製品(ドイツ製)のため、塩化アルミニウムの濃度が濃く、脇の下に塗っても痒みやヒリヒリ感を感じる女性が少なくありません。もちろん顔に塗るのは厳禁です。

顔汗を抑えるために塩化アルミニウムを塗る前にしておきたい事

今回お伝えしてきた通り、塩化アルミニウム液は非常に強力な制汗作用がある一方で、副作用のリスクもあります。

ほとんどの製品が、塩化アルミニウム液を顔に塗布することを禁止しているため、安易に顔汗対策として使うことはお勧めしません。

顔のお肌への刺激を考えずに、塩化アルミニウム液を塗ってしまうと、肌荒れなどになる恐れがあるため、十分に注意しておきましょう。

顔汗が酷い場合、塩化アルミニウム液ではなく、まずは顔汗用のデオドラント用品を使うことをお勧めします。

顔汗用の制汗剤ジェルサラフェを使います。塩化アルミニウムは、成分が強すぎて皮膚が赤くなったり、かぶれたりすることもあります。

サラフェには和漢シャクヤクエキス、茶エキス・ワレモコウエキスなどの天然植物エキスがたっぷり入っているので、お肌をしっかり守ってくれます。

サラフェは、顔汗用に開発されているだけあり、低刺激で顔に使うこともできます。実際に私も試してみましたが、使い始めて徐々に変化を実感できたので、とても満足できていますよ。

サラフェを実際に使った感想は、次の記事にまとめたのでまずは読んでみてくださいね。

サラフェを1か月使ってみた感想・口コミ【顔汗女子が効果・成分を検証】

どうしても塩化アルミニウムを使うなら専門医に相談しましょう

顔汗用の製品はいくつか出ていますが、どれも思ったほどの効果はなかったとか、まったく効かなかったという人もいます。顔の汗は人に見えるので、家に籠ったりと、精神的に打撃を受けてしまいますし、仕事上でも汗を何とかしたいと思う人も多いと思います。

そのように汗を完全に止めたいので、副作用が心配でも塩化アルミウム液を使ってみたいと思う人は、安全に使うために皮膚科などの専門医に相談しましょう。

かゆみ、かぶれ、汗疱湿疹になることが多いので、病院で処方してもらうのが一番です。

【顔汗女子の救世主】顔専用の制汗クリームを1か月使った感想

顔汗用の制汗剤クリームを実際に1か月使ってみた感想をまとめました。

顔汗が酷くて仕事の大失敗を経験した私。首周りを冷やしても、ツボを刺激しても全く実感できなかった私が唯一満足できた顔汗専用クリーム。

顔汗は放置していてある日突然良くなることはありません。何もしないよりもまずはできるケアを始めることが大切!

顔汗クリームを使い始めてから「顔汗のことを気にしなくてよい!」という精神的な解放感に包まれています。

顔汗を何とかしたい!と本気で思う女性以外は見ないで下さね。