顔汗を抑えるためにミョウバン水は効果的?【効果・副作用・作り方を徹底まとめ】

ミョウバンは、数年前から天然デオドラント剤として、急に注目を浴びるようになってきました。

ミョウバンは、古くから制汗剤として使われていましたし、今は食品添加物として色々に利用されており、茄子の漬物の色止め、レンコンやゴボウのあく抜きなどのほか、煮崩れ防止、膨張剤(ベーキングパウダー)として手軽で安全性が高く、日常生活には欠かせないものとなっています。

ミョウバンを薄めて作ったミョウバン水を、気になる部分に吹きかけると、消臭効果によって臭いのもとになる細菌の繁殖を抑えます。ミョウバンはスーパーストアーや、ドラックストア―などで買えるので、水で薄めてもっと生活の中で利用してみましょう。

ミョウバン水の働きについて

先ず雑菌の繁殖を抑える効果があります。身体の表面の雑菌はアルカリ性を好むため、ミョウバン水の酸性溶液を吹きかけると、皮膚表面が酸性になります。それによって雑菌が繁殖するのを抑えることが出来ます。

汗自体には臭いはありませんが、皮膚の表面にいる雑菌によって汗が臭いを発するため、ミョウバン水を吹きかけることによって雑菌の働きが弱まり、汗臭さを抑えることが出来るのです。

また、ミョウバン水を肌に付けることによって毛穴が締まり、汗腺から汗の出を抑える収斂作用で引き締まるので、汗の量が減るという事にもなります。

ミョウバン水が顔汗を抑えるメカニズム

ミョウバン水には収れん作用があり、市販されている洗顔料にも使われています。一般的にはニキビ・アトピーを、制汗と殺菌により改善する効果があります。

成分の硫化カリウムアルミニュウム十二水和物(カリウムミョウバン)がミョウバンの主な成分で、これらが汗を止める作用があるのではと言われています。

ミョウバンは天然温泉に含まれていて、温泉でよく見られる湯の花は、ミョウバンが固形になって、浮かんでいるものなのです。温泉に入ると肌がきれいになったりするのは、このミョウバンが含まれているために美肌効果があるからです。

制汗作用としては脇の下であれば、直接に粉を付けるとか、顔ならミョウバン水を吹き付けるとかで汗を抑える作用があるといわれています。メカニズムはまだ解明されていませんが、ミョウバンに含まれているアルミニウム塩が汗腺に炎症を起こさせて、発汗を弱めるのではとも言われています。

ミョウバン水を顔汗に使う場合の注意点・副作用

ミョウバン水を顔汗に使う場合は、デリケートな顔に使えるのか試してみます。ミョウバンは水で薄めることが基本ですが、普通は500mlの空ペットポトルに、水道水500ml、焼きミョウバン15gを使い、良く振ってミョウバン水の原液を作り、顔に使う場合はさらに30~50倍程度に水で薄めます。それをコットンなどに含ませて塗ります。

まずパッチテストして合うかどうか試してください。体質的に合わない人もいるので、注意が必要です。副作用としては、肌がピリピリしたり、肌荒れを起こします。ミョウバン水は、肌を乾燥させるので、保湿をしっかりすることが大切です。

ミョウバン水の使い方

ミョウバン水は、昔から大きな問題もなく使われていたので、正しく使えば、体質的に合わない人以外は、安全です。ミョウバン水は自分で作る手作りなので、問題としては腐敗し易いと言えます。

保存状態が悪いと腐敗して、ミョウバン水が濁ってしまったり、異様な臭いがしてきたら、すぐ捨てるようにします。それには一度に沢山作らず、こまめに少量を作り、必ず冷蔵庫に入れて10日ほどで使い切りましょう。また水はミネラルウォーターや精製水は、塩素が含まれていないので早く腐敗してしまうので、必ず水道水を使うようにします。

ミョウバン水の購入方法

ミョウバンはスーパーや薬局などで買うことが出来ます。今は生成技術が進んで、生ミョウバンを加工し加熱した焼きミョウバンが市販されています。

売り場が以外にわからないようですが、漬物コーナーや、塩、砂糖などの調味料コーナー、乾物などのところにあります。値段は90円から、量の違いもありますがちょっと高いと200円以上のものもあります。ミョウバン水は自分で簡単に作れるので、市販されているものはあまりなく、値段は高くなります。

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水原液の作り方・用意するもの 

  • 空の500mlペットポトル良く洗って乾かしておく
  • 焼きミョウバン15g(大匙1は10g)
  • 水道水 500ml
  • ポンプボトル(100円ショップに売っています)

①ペットポトルにミョウバンを30g入れる。
②ペットポトルに水道水を1リットルいれる。
③よく振って混ぜる、なかなかミョウバンは溶けないが、少し残っていても大丈夫。
④丸一日冷暗所において置く。やがてミョウバンが水に溶けて、透明な液になる。中には透明にならない場合もあるが、そのうち透明になる。

肌に使う場合はこの原液を水で30~50倍に薄めて使う。冷蔵庫で保管する。その他に衣類の消臭、水虫の予防などにも使えます。

ミョウバン水の原液は水回りのカビに効果があり、小さいお子さんがいる場合などは、天然成分の除菌になり安心して使えます。身近で安いものが、こんなにいろいろ使えるなら、顔以外にも使ってみてはどうでしょうか。

【顔汗女子の救世主】顔専用の制汗クリームを1か月使った感想

顔汗用の制汗剤クリームを実際に1か月使ってみた感想をまとめました。

顔汗が酷くて仕事の大失敗を経験した私。首周りを冷やしても、ツボを刺激しても全く実感できなかった私が唯一満足できた顔汗専用クリーム。

顔汗は放置していてある日突然良くなることはありません。何もしないよりもまずはできるケアを始めることが大切!

顔汗クリームを使い始めてから「顔汗のことを気にしなくてよい!」という精神的な解放感に包まれています。

顔汗を何とかしたい!と本気で思う女性以外は見ないで下さね。