脇汗用の制汗剤(デオドラント)を顔に塗って大失敗

顔汗が酷くて何とかしたいと思うあまり、これまでにいろいろな汗止めに挑戦してきました(苦笑)

その一つが、脇汗用の制汗剤を顔に使ってみるという誰もが一度は思いつく方法。

脇汗用の制汗剤といえば「エイトフォー」「AG+」「クリニーク」「デトランスα」など、様々な商品が販売されていますよね。私の場合、顔汗に加えて脇汗も比較的かきやすいタイプなので、ほとんどの商品を使ったことがあります。

そこで、現在進行形で愛用している脇汗用の制汗剤を顔に塗ってみることにしたのです。

脇汗が少し抑えられるなら、顔汗もましになるのではないか?と楽観視していたんですね…。

脇汗用の制汗剤を顔に塗って3分ほどすると、顔がヒリヒリするように。ヒリヒリはなかなか収まらず、痒みのような痛みのような症状にもなってしまいました。

「このままじゃヤバい」と思って、すぐに顔を洗いに行ったのですが、ヒリヒリした感じが少し残って肌荒れを起こしてしまいました…。

顔は脇よりもさらにデリケートなので塗布するものには要注意!

多くの人がご存知だと思いますが、顔はとってもデリケートな部位。脇もデリケートではあるものの、人によっては顔のほうが刺激に敏感な部位なんですよね。

私は顔汗を止めたいがために、こういった大事なことをすっぽりと忘れてしまっていたんです(汗)

その結果、脇汗用の制汗剤を顔に使ったことでヒリヒリして肌荒れになってしまったんですね。

脇汗用の制汗剤は、ドラッグストアやインターネット通販でたくさん販売されています。近所のスーパーでも販売されているので、気軽に買うことができますし、何気なく使っていますよね。

でも、脇汗用の制汗剤には、汗を止めるための成分「塩化アルミニウム」、アルコールなどの「エタノール」などが配合されているので、敏感肌の方は注意しないといけないんです。

ましてや、私のように顔に直接塗るなんてご法度なので気を付けましょう。

顔汗用の制汗剤が少ない理由(個人的な考え)

顔汗用の制汗剤というのは、脇汗用の制汗剤と比べて市場(マーケット)に出回っている数が圧倒的に少ないですよね。

これには、配合する成分の厳しさがあると私は考えています。

どういうことかというと、体の中でも特にデリケートなのが顔です。

脇汗用の制汗剤と同じような成分を配合してしまったら、私のように肌荒れを起こしてクレームの嵐になることが十分考えられます。クレームが増えるということは、それだけ口コミなども悪くなるということ。

今ではインターネットで各商品の口コミを簡単に見ることができるので、そうなってしまえば商品は売れないようになってしまいます。最悪の場合、肌荒れによる損害賠償なんてことになるかも…。

こういうリスクがあるので、そう簡単にいろいろなメーカーが参入できないのではないか?と個人的には考えています。

ただ、顔汗で悩んでいる女子って結構多いはずなんですよね。私自身がそうなんですが、アイメイクや前髪が崩れるので何とかしたい!と思っていますからね。

なのでできることならもっと真剣に向き合って、新しい顔汗用の制汗剤をいろいろなメーカーさんが出してほしいですね。商品が増えれば、選択肢も増えるのでより合う商品に出会えるはずです。

私が愛用している顔汗用の制汗クリーム「サラフェ」は国内産で安心

脇汗用の制汗剤を顔に塗って失敗してしまった経験がある私は、それ以降は顔汗用の制汗クリームを探して使い始めました。

そのクリームが、最近話題の「サラフェ」なんです。

サラフェは、国内初の顔汗用の制汗クリームとして雑誌などでも取り上げられているのでご存知の方も多いはず。

知名度が高いのはもちろん、その効果もとっても高くて、使っている方の満足度もとっても高くなっています。

実際に私も愛用していますが、サラフェを使っているときは、アイメイクや前髪の崩れを気にしたことはありません。

メイドインジャパンで余計な添加物を配合していないので、顔に使っても肌荒れの心配がないのも◎

「顔汗を何とかしたい!」と悩んでいるなら、まずは一度試してみることをお勧めしますよ。

>>> サラフェを実際に使った感想はこちら

【顔汗女子の救世主】顔専用の制汗クリームを1か月使った感想

顔汗用の制汗剤クリームを実際に1か月使ってみた感想をまとめました。

顔汗が酷くて仕事の大失敗を経験した私。首周りを冷やしても、ツボを刺激しても全く実感できなかった私が唯一満足できた顔汗専用クリーム。

顔汗は放置していてある日突然良くなることはありません。何もしないよりもまずはできるケアを始めることが大切!

顔汗クリームを使い始めてから「顔汗のことを気にしなくてよい!」という精神的な解放感に包まれています。

顔汗を何とかしたい!と本気で思う女性以外は見ないで下さね。